耐震は木造・RC・SRC造だけではありません

  建築物の耐震改修の促進に関する 法律施行令の一部を改正する政令が 2018年11月27日に閣議決定された。こ れによって、避難路沿道にある一定規模以上のブロック 塀等が耐震診断の義務付け対象となる。施行は2019年1 月1日。  建築物の耐震改修の促進に関する法律では、都道府県ま たは市町村が耐震改修促進計画に記載する避難路の沿道に ある通行障害建築物で、既存耐震不適格建築物であるもの については、耐震診断を行うことが義務付けられている。 今回の法改正では、この通行障害建築物に一定の長さのブ ロック塀などを追加した。  通行障害建築物に追加されるのは、「前面道路に面する部分の長さが25m を超え、かつ前面 道路に面する部分 のいずれかの高さ が、当該部分から 当該前面道路の境 界線までの水平距 離に当該前面道路 の幅員の2分の1 に相当する距離を 加えた数値を2.5 で除した数値を超えるブロック塀等であって、建物に附属 するもの」である。