☆覚えておこう! 施工管理の知識☆

 次の記述のうち、「建築基準法」上、誤っているものはどれでしょうか。

 

  1. 建築物の敷地は、原則として、これに接する道の境より高くしなければならない。
  2. 地階に設ける居室には、必ず、採光のための窓その他の開口部を設けなければならない。
  3. 階段に代わる傾斜路には、原則として、手すり等を設けなければならない。
  4. 下水道法に規定する処理区域内では、便所は、水洗便所としなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは2です。

 

 

 

地下室でも用途上やむを得ない居室など、ただし書きが存在している。

よって「必ず」ではない。(法281項)